カードローンのカードが割れてしまった場合

Posted by tradmin - 10月 18th, 2013

カードローンは持ってみると案外軽く、そして薄く意外と繊細な商品である事がわかると思います。材質は会社によりますが多くの場合プラスチックが採用されておりそれほど高い硬度を持たない為、財布に無理やり押し込む、機械を乱暴に通す、財布に強い衝撃を与える等の理由で割れてしまう場合があります。


カードローンデータの所在

カードローンが割れたり欠けたりといった破損に関してよくある問い合わせには登録情報や利用履歴が破損してしまったのではないかという内容です。たた実際にカードローンを構成しているのは殆どが機械に通す部分とICチップの部分のみの為それ以外の場所が多少割れても見栄えはよくありませんが問題なく使う事ができます。加えてICチップ部分も顧客情報等を管理しているわけではなく、あくまで信販会社側のデータベースにアクセスする為の鍵のようなものなので、たとえカードが粉々になったとしても利用者のデータが失われるような事はありません。


速やかに再発行の手続きを

ただもし読み取り部分やICチップ部分が損壊した場合は利用者情報にこそ損傷はないもののカードローンを使う上では読み取りづらくなったり読み込めなくなったりします。このような場合には速やかに信販会社に問い合わせて再発行の手続きを行う事で、新しいカードと取り替えましょう。

Comments are closed.

Blog Home